愛と平和と人権を大切にするキリスト教保育・一人一人の育ちを大切にする保育

園章は、オリーブの葉をイメージしています。葉の1枚1枚が神さまに向かってすくすく伸びていく勢いを、また信仰・希望・愛を表しています。オリーブの葉を囲む円は、世界の平和と連帯を表しています。

乳幼児期に必要なことは何でしょうか。
「しっかり食べること」「自分で排泄できるようになること」「いっぱい遊ぶこと」
「早寝早起き朝ごはん」「絵本の読み聞かせ」…。

これらはすべて乳幼児期に身につけたり体験すべきことですが、
その土台に「安心して過ごす環境」があることが、子どもが成長する大前提です。

子どもは保護者の方々のみならず、保育者とも愛着関係を結ぶ中で、安心して過ごすことができます。
安心して過ごす中で、「やってみたい!」という好奇心や意欲が育まれ、そして保護者の方々や
保育者の温かいまなざしの中での生活で、自尊感情(自己肯定感)を獲得していきます。
この自尊感情(自己肯定感)こそ生きていく上での土台となるものです。

十日町幼児園は、1944年(昭和19年)に十日町市内で最初に開設された乳幼児施設で、
開設時から聖書の教え、キリストの愛と奉仕の精神のもとで保育を行っています。
これはキリスト教を教え込むということではなく、
「自分が愛されている」ことを知り、「隣人を自分のように愛する」ということを体験することです。

十日町幼児園は、保護者の皆様と子育てのパートナーとしてしっかり歩んでいきます。
休日保育」や「病後児保育」も実施しており、
様々な就労環境・子育て環境にある保護者の皆様をサポートしています。

十日町幼児園という安心できる場所で、子どもも大人も一緒に過ごしませんか。

十日町幼児園  園長 久保田愛策

1976年 1月 広島県広島市に生まれる
1999年 3月 関西学院大学神学部 卒業
2001年 3月 同志社大学大学院神学研究科 修了
2011年 3月 千葉大学大学院教育学研究科 修了
2001年 4月 茨城県鹿嶋市にある日本キリスト教団鹿島教会就任、
学校法人愛育学園鹿島幼稚園就職。
2004年 4月 学校法人愛育学園鹿島幼稚園の理事長・園長に就任。
2016年 4月より 日本キリスト教団十日町教会牧師、社会福祉法人おりいぶ会
十日町幼児園の理事長・園長、社会福祉法人山本愛泉保育園
理事長に就任。

2016年

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

2017年

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

2018年

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
上にもどる